予備校のおかげで医学部受験に成功した

可能性が見えてきたと言っても

しかし、可能性が見えてきたと言っても自分の中では合格ができる可能性は五分五分と考えていましたから、受験の日まではとにかく不安でいっぱいでした。
受からなかったらどうしようという気持ちもあり、可能性としては落ちる可能性も高いわけですからその時は浪人をするか諦めるかどうしようか迷ってしまいました。
それでも最終的にはそもそも予備校に通う前までは、受験をすること自体悩むぐらいの位置にいたわけですから挑戦できるところまでくることができたので悔いがないように受験に挑もうと思ったのです。
それからは完全に開き直ることができ、不安もなくなりいよいよ当日になりました。
駄目なら駄目でしかたがないという気持ちで試験が始まったわけですが、思っていた以上に問題を解くことができたのでこれはいけるかもしれないと思いました。
もちろん、わからない問題もあったのですがぱっと見で分かる問題のほうが多数だったのでそこでリラックスをすることができ、できる力は最大限に発揮をすることができました。
ここまでやって駄目ならしかたがないという程度には、できたので後は結果待ちということだったのですが合格の通知が来た時には本当に嬉しかったです。
受験の際に最もお世話になった予備校の先生に連絡をしたところ、自分のことのように喜んでくれてそれも本当に嬉しかったです。

将来は医者になりたい! | 予備校にかよえるように | 可能性が見えてきたと言っても